メニュー 閉じる

ユニクロのストレッチダブルフェイスセットアップを性別問わずおすすめしたい


あまりに気に入りすぎて記事を書きたくなりました。「消費者向け情報」はもはやなんでもありですが、気に入ったものはなんでもおすすめします。

ファッションに対する考え方

こだわりはそんなにありません。服にかけている金額も比較的安価だと思います。ただ、メンズアイテムとウィメンズアイテムをバランスよく持ちたいのと、服をオールシーズンで70着(インナー・靴下・レギンスなどは含めず、セットアップは1着としてカウント)に絞っているので1つ買うと1つ処分します。捨てるのは心が痛むのでユニクロで買ったものはユニクロのリサイクルボックスへ、無印で買ったものは無印のリサイクルプロジェクトのために会計のついでにレジへ、その他のものはH&Mなど購入元を問わず回収を行っているところのリサイクルボックスへ持ち込みます。一時期ハマっていたエスニックファッションはエスニック同士でしか組み合わせがうまくいかないのが難点で、ごく一部を残して処分してしまいました…。

かつては「売れているものの間を取るようなマーケティングは失敗する」という考えが主流で、「世の中には男女が半々ずついるからどちらでも着られる服を作ろう!」などという戦略ではおそらく平成初期〜中期くらいまでは失敗していたと思います。今では、ユニクロや無印のようなデザイン性のそこまで高くない比較的安価でシンプルな服を選ぶ人が増えているのもあり、最近はそれらの店舗では男女兼用サイズを明記した服を発売するようになりました。

また、超大型店舗でもない限り同じフロア・同じ店舗内にメンズとウィメンズ両方のアイテムが揃っていることが多く、自分とは逆の性別の服を手に取る、購入することへのハードルも低いと思います。筆者が尊敬するあるライターさんは(その人自身は趣味として女装もしているのですがそれはともかく…)「(自分の性別の服しかチェックしないなんて)世の中の半分しか見えていない」というようなことをおっしゃっていました。最近のユニクロや無印では、特に男装・女装などという趣味がなくても(偏見かもしれませんがそういう趣味の人はわざわざそのようなシンプルな服は選ばないと思います…)欠かさずメンズアイテムをチェックする女性、ウィメンズアイテムをチェックする男性は決して珍しくないようです。

ストレッチダブルフェイスシリーズについて

今回購入したのはこちらです。

ストレッチダブルフェイスジャケット
ストレッチダブルフェイスストレートパンツ(丈標準67~69cm)

ウィメンズのみの展開で、普段着のような着心地でスーツのようにきっちり見える、自宅で仕事をすることも多い現代にぴったりのシリーズです。ノーカラーでボタンはなく、サイズ選びに気をつければ性別を問わず違和感なく着用できると思います。ゆったりめに作ってあるので普段よりワンサイズ小さめのほうがだらしなく見えないと思います。ところでオンラインショップではL以上の大きめサイズの品切れが多いのですが、おそらくこのシリーズはYouTubeなどで紹介されていることもあり、男性からの人気が想像以上に高いのではないかと考えています。レビューを見ると男性が記入したものもちらほらあるので、興味がある方はサイズや着心地などの参考になるかもしれません。

筆者は上下ともDARK GRAYのMサイズ(157cm、やや太り気味、普段はメンズM/ウィメンズLなので少し小さめを購入)がちょうどよく着ることができるサイズでした(本日のサムネイル画像)。そして近くの店舗で在庫が回復していたのでセットアップのBLACKと、プルオーバーのNATURALを購入しました。プルオーバーはシルエットがきれいなスウェットといった感じです。こちらは後ろのデザインがちょっと男性には着づらいかもしれませんが、上に何かをはおれば問題ないと思います。

ストレッチダブルフェイスプルオーバー(長袖)

提案

このようなアイテムが出回ってジェンダーレスなファッションが一般的になると、そのうち「男性が男性としてファッションにスカートを取り入れる」「ジャケットやシャツの合わせを性別ではなく好みや利き手によって選ぶ」などといった時代が来るかもしれません。まずは自分と異なる性別の服をそれだけを理由に切り捨てず、売り場全体をチェックして気に入ったアイテムを探すことから始めてみましょう。

Posted in 消費者向け情報