メニュー 閉じる

匿名で金銭の支払いを伴うやりとりに使えるアプリ「アズカリ」


昨日は匿名配送のサービスを紹介しましたが、ハンドメイド作品・タレントグッズ・キャラクターグッズといったモノの販売、あるいはイラストやロゴの制作といったサービスの提供など、金銭の支払いを伴うやりとりで口座番号や個人情報などを教えるのは抵抗があると思います。

ネットフリマやネットオークションなど個人間取引サイト(アプリ)では、購入者が払った代金をサービスを提供する会社(メルカリ、楽天、Yahooなど)が一旦預かり、購入者が届いた物を確認して通知してから出品者にお金が支払われるシステムになっているため、システムに従った取引をすれば「発送したのに代金が未払い」「支払ったのに品物が届かず返金もされない」などというトラブルのほとんどは防げるようになっています。また、匿名配送を利用すれば互いに個人情報を知らせる必要もありません。特定の相手に売りたいわけではない場合なら、個人間取引サイトで売るのが安心です。
しかし、Twitterや Instagramでの他のサービスを間に挟まない個人間取引では、「発送したのに代金が未払い」「支払ったのに品物が届かず返金もされない」というトラブルは後を絶ちません。特に数量限定のキャラクターグッズの取引などでよく起こっているようです。しかし、そういった場合に個人間取引サイトを決済や配送のみに使うことは「架空の取引」にあたるとして、それぞれの規約で厳しく禁止されています。「決済」だけに特化したサイトやアプリはないのでしょうか。また、イラストやロゴの制作といったモノの取引を伴わないサービスの提供でも、「決済」に特化したサイトやアプリがあれば安心です。

それがこちらのアプリ「アズカリ」です。
iPhoneはこちら/Androidはこちら

新規登録で生年月日、ニックネーム、電話番号を登録します。
説明するつもりが、筆者が過去に何か使えると思って登録していたアカウントがあり、アカウントの再設定が即時にできないシステムのため、筆者は現在このサービスが使えなくなっています。わざわざスクリーンショットで説明しなくても公式に動画があるのでもうそれで事足りると思います。
関連リンク:アプリの使い方動画

アズカリは次のような機能を備えています。
・取引ページの代わりとして「約束メモ」を作成し、SNSのダイレクトメッセージなどで相手に送信して取引を行う
・個人間取引サービスのように、文字通り購入者からお金を「預かり」、商品提供後に出品者に支払われるシステム。取引キャンセルの場合は返金。
・コンビニ払いやクレジットカード払いが可能
・品物の配送にネコポス匿名配送(全国一律180円)が使用可能(本来ネコポスは事業者向けサービスで、提携業者を通した取引でないと個人では利用不可)
・300円〜3000円の取引は現時点では手数料無料
・売上の受け取りはAmazonギフト券か口座振込を選択。Amazonギフト券は出金手数料無料。
・品物(ハンドメイド作品・タレントグッズ・キャラクターグッズなど)の取引だけではなく、サービス(イラストやロゴの制作など)の提供にも使用可能

おそらくハンドメイドのアクセサリーやキャラクターグッズのアクリルキーホルダーといった小さいモノの取引の需要を見込んでいるのか、一介の個人では使えないネコポス匿名配送が使えるのがかなりのメリットだと思います。個人間のやりとりだけでの取引でのトラブルに不安を感じる方はぜひ利用してみてください。

Posted in クリエイター向け情報