メニュー 閉じる

行政書士試験の結果


記述問題もあって採点に時間がかかるとはいえもう2ヶ月半も待たされるのはイヤです(これより上位の資格はおそらく望めない発言)。

当サイトは5日ぶりの更新です。
ということで、筆者の個人SNSアカウントでは既に報告いたしましたが、行政書士試験に合格したので行政書士試験に合格した人になりました。
一見すると当たり前のことを言っているようですが一応この意味を解説しておきます。多くの資格試験では合格するだけで、例えば知財検定2級なら「2級知的財産管理技能士」、FP2級なら「2級ファイナンシャル・プランニング技能士」になれるのですが、行政書士試験は合格しても行政書士になれるわけではなく、他の士業系資格と同様に登録を経ないとその肩書を名乗ることはできません。という意味で今の筆者はまだ「行政書士試験に合格した人」です。

採点結果は圧着郵便はがきで本日発送とのことですが、最近は普通郵便の優先順位が低くなったので東京からの発送とすると早くて明後日、遅くて来週の月曜日くらいに届くと思います。まだ細かい結果についてはわからないので届いてから結果についての詳細に触れたいと思います。

なぜ合格できたかは結果の詳細を見ないとなんともいえないので、今言えるのは「カズレーザーさんの動画を見たから」「カズレーザーさんの画像をロック画面にしていたから」「シャーマンキングのジャンヌさま(わからない人のために説明すると法の神様を従えているキャラクター)のイラストを机に飾っていたから」くらいです。

取得してどうするかというところについて、今までは悩むことすら取らぬ狸の皮算用だったので悩めるだけでもなんだか贅沢です。
昨年取った知財検定2級やFP2級は単独での活用が難しいタイプの資格なので、それらで学んだことの集大成としてそれらの資格を横断する知識や民法などの比較的身近な法律全般を学ぶために行政書士試験に挑戦したいというのが最初のきっかけでした。そのためFP2級の9月の試験が終わった後、行政書士試験で一般的に直前期とされる時期から本格的に学習を始めたのですが、これは知財検定やFPの知識ありきで乗り切れた部分も大きいので全くの初学者の方はもっと早くからの対策をお勧めします。

筆者にはいわゆるクリエイターとして活躍している方々のような突出した才能が乏しいので、このまま先生(元教員)から先生(行政書士)になってクリエイターの方々を守る知識の発信を有資格者として今まで以上に責任を持って続けていきたいと思っています。それに加えて行政書士でないとできない書類作成の代行などのサポートもしていきたいです。「他の士業の専権業務に抵触しない行政手続や書類作成すべて」が範囲と言われるほど業務が多岐にわたるので自分の専門分野をある程度見極めたいところです。そして意外と見落とされがちな役割でもある身近な法律家として、自分の手に負える(より厳密には行政書士の専権業務である)ことは自分で、そして自分の手に負えない(より厳密には他の士業の専権業務に抵触する)ことはそれぞれの専門家へ橋渡しをする役割を担いたいと思っています。おそらく合否通知書や合格証が届かないとその先に進むのが難しいのと、その他色々検討しないといけないこともあるので、あまり焦らずやっていきます。とりあえずもうひとつくらいドメイン取得しようかなどとも考えています。webサイト制作やイラレの扱い、そして電子申請のやり方あたりは行政書士との相乗効果が高そうなのでそのへんのスキルも高めたいですね。

Posted in 資格(試験対策・行政書士登録準備)