メニュー 閉じる

行政書士になるまでの記録 番外編「業際問題」


弁護士法

弁護士は、当事者その他関係人の依頼又は官公署の委嘱によつて、訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件に関する行為その他一般の法律事務を行うことを職務とする。

弁護士法第3条

弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

弁護士法第72条

(※行政庁に対する不服申立事件については特定行政書士は扱うことができる)
よくある表現としては「紛争性のある案件は弁護士以外は扱えない」ということです。
紛争性(つまり当事者同士の争い)がある場合は弁護士でないと扱えないが、紛争性のない権利義務や事実証明に関する書類の作成は行政書士が扱えることになります。筆者は「弁護士の方の手を煩わせるまでもない契約書・公正証書・内容証明等の書類」を行政書士が引き受けるというように考えています。

Posted in 資格(試験対策・行政書士登録準備)