メニュー 閉じる

面白い低評価レビューをつけられた


筆者は光栄にも個人間取引サイト等で低評価をつけられたことがないので今まで書けませんでしたが、やっと実例ができたので書けます(超ポジティブ思考)。

低評価レビューで検索だ

「低評価レビュー」で検索すると「面白い」がサジェストされるので同じような被害者(?)は世の中に多数存在するようです。

低評価レビューの内容を読む

筆者は幸いにもつけられたことはありませんが、個人間取引サイトでは実に理不尽な理由で低評価がつけられているユーザーをよく見かけます。
個人間取引サイト等だと、「メッセージがなかった(?)」「箱が他の通販の使い回し(???)」「コメントなく無断で購入した(!!!???)」といった取引を円滑に進めるのに無関係な事柄による面白い理不尽な理由で低評価がつけられている場合があります。
個人間取引サイトに限らず、このような低評価レビューは質の悪い商品やサービスを避けるためだけではなく、よく見ると自分にとっては気にならない、利用の妨げにならないことを書いている場合にも役立ちます。また、書かれている内容によっては書かれた側ではなく、低評価レビューを書いた人の側を警戒したほうがいい場合もあるかもしれません。「低評価レビュー 面白い」で検索するとその手のものは大量に出てきます。

低評価レビューが書かれた場合

ここからが実例です。
筆者が運営している行政書士事務所に以下のようなクチコミが書かれていました。
見切れているアイコンでなんとなく誰によるものかわかるかもしれませんが、編み物ユーチューバー著作権裁判の被告共同運営者YMです。
どうやら筆者が今まで書いたものに心当たりがあるという、誹謗中傷の当たり判定がとても広い方のようです。また、レビューも実名であり、「写真」は運営する事業に関するものなので個人情報の漏洩も心当たりがありません。
関連記事:持続可能なインターネット目標 #4 「誹謗中傷の当たり判定を狭くしよう」

「7件のレビュー」から他のレビューも閲覧できますが、原告代理人弁護士の所属する法律事務所への低評価レビューなど、低評価レビューを書いた人の側を警戒したほうがいい場合の典型でした。他の方へ書いているレビューも閲覧したほうが参考になるかもしれません。
そして筆者には極めて合法的かつ一般的な方法で「過去の本名」、そして「バーチャルの姿の名前」もあります。
筆者は心身とも性別可変なので、もう少し性格を見抜けていたら男性か、むしろ中性的な名前でどちらともとれないように問い合わせを試みたほうが良かったかもしれない

ちなみに、削除されるように報告することもできるし削除理由ほぼ全部に当てはまるような気もしますが、ここまでくると面白い、と言っては不謹慎ですがレビューに関する要注意人物として他の事業者に警告する意味でとりあえず放置します。ここで証拠は残しておくので、閲覧した方が不愉快に思われるようでしたら個人の判断で報告されても問題ありません。

行政書士事務所の電話番号について

公開する電話番号を登録しないといけないので仕方なく登録していますが、残念ながら個人開業の行政書士の間では行政書士として公開している電話番号にいきなりかかってくる知らない番号からの電話は十中八九セールスか迷惑電話で出る価値なしというのが共通認識のようになっています。その通りだということがわかりました。
事務所のサイトでは原則としてお問い合わせフォーム・メール・LINE公式アカウントで連絡を受け付けています。
関連リンク:エリソン行政書士事務所

Posted in リテラシー・権利侵害全般