メニュー 閉じる

知財検定への道 第2回「著作権の基礎知識」


誰もがインターネットを通して気軽に文章・画像・動画を発信できる今の時代、著作権に無関心ではいられません。筆者の個人チャンネルでも動画をアップしましたが、ここではもう少し一般的な著作権について考えたいと思います。

著作権法の目的は「著作権者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与すること」とされています。日本では多くの権利所有者の寛大な対応により、二次創作や法整備がなされるとして最近話題となったコスプレなどの文化も発展してきた側面があります。権利所有者の保護も大切ですが、著作権を濫用して文化の発展を阻害するようなことがあっては本末転倒であるといえます。

また、YouTubeの規約でも明記されていますが、作者の思想や感情が表現されているとはいえない普遍的な「アイデア」や「作風」、「客観的な事実」「プロセス」などは著作物ではありません。日本の著作権法の範囲のみでない、世界共通の考え方であるといえるようです。また、商標などの産業財産権と違い、無方式主義(登録を受ける必要がなく保護される)ということも世界共通です。

一般にYouTubeやブログ・SNSで問題となる著作権侵害は、厳密には「複製権の侵害」であり、複製権は著作者が独占している権利です。例えばテレビ番組や映画、他人の投稿した動画をそのままコピーしてYouTubeにアップロードすることがこの複製権の侵害にあたります。ただし、偶然に類似してしまった場合は複製権の侵害にはなりません。例えば、同じ生き物(クマ、ウサギ、ネコなど)をモチーフとして創作されたキャラクターはどうしてもどこか似てしまうものと考えられますが、他者が先に制作・発表しているキャラクターに偶然似てしまったからと言って複製権の侵害には当たらないということになります。

他にもたくさん学ぶべきところはありますが、特に誤った認識をしやすい点をまとめました。3級の試験まであと約1ヶ月半なので、今後も続けていきます。

Posted in 知的財産権全般