メニュー 閉じる

編み物ユーチューバー著作権裁判 都合の悪い人


うそをうそと見抜けない人には難しい(これを発言した人物の公の場での最古にして最高の格言)(筆者の主観)

本日のサムネイルは行政書士会への登録申請のときに会館の近くのお寺の掲示板にあったのですが、便利な言葉すぎませんか。

筆者はこの裁判の被告両名にとってかなり「都合の悪い人」です。「都合の悪い人」ということはおそらく「悪い人」だと思われているでしょうね。筆者を最近知った人が見たらびっくりするようなことが色々あったので真偽を検証したいと思います。

検証するまでもなく、筆者がついた誰の目にも明らかなウソ「だけ」はなぜか本当だと信じているようなのに、それ以外の本当のことは全部ウソだと疑われています(完)。

個人としては

被告Sだからとかそんなこと関係なく他人に考えを押し付けようという態度は誰にとられても無理なものは無理です。
筆者が他人に考えを押し付けないタイプの有名な方(カズレーザーさんとかデーモン閣下とか)(悪魔の考えを押し付けられても困る)が好きだからかもしれません。正直に意見や経験を述べるタイプの方々でもあるですが誰の目にも明らかなウソ…カズレーザーさんはバラエティ番組では割と当たり前に言うのですがデーモン閣下については何か触れてはいけないことに触れそうなのでやめます。被告両名はここまでからわかる好き好んで見ているコンテンツ等からすると他人に考えを押し付けるタイプの方にハマりそうに見えます。見えるだけです。

行政書士としては

一番つっこみたいのは許認可の名義貸しの件ですがそれこそ都合の悪いことですね。

筆者が高校1年生の頃は大学院に行かないとなれそうにない弁護士を早々に諦めて(無駄に現実的なイヤな高校生だな)司法書士等の士業になるために文系か、理科の教員になるために理系かで迷っていたのですが、「士業には法学部に行かなくても試験に合格すればなれるが理科の教員には理系の学部に行かないとなれない」ことに気づいて理系にしました。
教員として挫折してしばらくして、ループも異世界もなくても人生はやり直せることに気づいたので高校1年生で迷った時点に戻ってやり直すことにしました。

筆者にはwebサイト運営やYouTubeの視聴を積極的に始めるずっと前から、Twitterで11年(実際には主に学生の頃の4年)かけて培ってきた「知的好奇心が強く創作活動や資格取得への関心が高い」という(原義でも現代の一般的な意味でもいいのですが)姑息な手段では決して得られないフォロワー層がいます。その方々のためになることも今後はやっていきたいですね。

京大卒としては

「農学部のその学科で教員免許を取得するのは不可能とは言わないまでも困難」とは4年間飽きるほど言われ続けたので飽きました(完)。
もっと言うと筆者にとっては自分の経歴や資格など周りにありふれていて平凡の中に埋もれるようなことしか言っていないのですが、どうやら被告両名にとっては物珍しいのかもしれません。

かつての京大生は体を2つ以上に分けられたことと、宇治原さんは大学を学費滞納と留年で9年かけて卒業したことはあまりにも有名。
そして筆者はシャーマンキングのオタクが高じて京大に行った頭のおかしい人ですが、さすがにシャーマンキングが理由の人には会ったことがないとはいえ同じような頭のおかしい人(ほめ言葉)ばかりで安心しました。というか勉強できても頭のおかしさが足りないと落ちます(例:高校3年生の筆者、筆者の配偶者)。18歳くらいまでのそれなりの知識の水準が保証されている阿呆で醜悪無比な魑魅魍魎を都の鬼門の方角に封印しているという説すらあります。こんなクソデカ主語な表現をしても全く腹を立てないであろう卒業生が多いこともあまりにも有名。

昨日の投稿

「はてなブックマークのコメントで直接リンクを貼るのはお行儀が悪い」と書いたばかりなのですが、他でも大概同じことだと思います。
ただ、お行儀が悪いだけで他の人に安易に禁止を強要できる性質のものではありません。

行政書士の電話番号

「”公表している”電話番号にかかってくるのは十中八九セールス電話か迷惑電話だからスルーして良し」という行政書士の先輩のありがたいお言葉に従ったのは間違いではないらしいです。
そういったものをフィルタリング(?)するためにたいていの行政書士は固定電話(個人開業だと本人が官公署の手続等に行くのであまり役に立たない)かIP電話(通常の電話番号への着信と区別できる)か2台目の携帯電話を持っています。
セールス電話の類はたいていは固定電話の番号からかかってくる(そして例のjpnumberで検索して出る価値なしと判断する)のですが、2022/04/05に2回、2022/04/08に1回、2022/04/19に1回同じ携帯電話の番号からの着信がありました。今どき携帯電話番号からもセールスがかかってくるのでそれかもしれませんがなんだか疑わしいです。

似た名前

誰?

むしろ

謝るとしたらこんな長文を書くのに時間を使わせたことくらいなので、それについて謝ってでもこの一連の書き込みは絶対に消さずに残しておいてほしいです。

Y堂の実態調査

ポリシーとして筆者からは個人的なやりとりは明かせないのでむしろ手の内を明かしてもらって死ぬほど喜んでいます。

これについてはだいたい次のような流れです。2年近く経っているので改めて整理します。

2020年2月中旬ごろ
・被告両名がそう遠くない場所で店舗(?)を営んでいるらしいことがわかる
・YouTubeやSNS経由で知った店舗に行くこと自体は当時の自分にとって珍しいことでも何でもない
・別人が発言していたとされる来店予告云々は全く知らない

2020/02/24
・不定休とのことなのでお問い合わせフォームを送信するが、不用意に個人情報を渡しては大変なことになりかねないので茶道の経験以外何から何までウソを書いた
・電話番号は全くのでたらめを書いたらおそらくバレるので自分に届いていた適当な詐欺SMSの番号を書いた。これが後述する最大の反省点。

2020/02/25
・個人的に実態調査をしたが実態が乏しいことがわかった
・実態が乏しいこと自体は別にいけないことではないし個人開業なら完全予約制はよくあることなのでそう書けばいいのにと思った
・「代表取締役」を名乗るのは会社法違反になりそうでならない微妙なところ。一部の方に対して会社を名乗っていたのは会社法違反
・結果として明らかに怪しまれていたことがわかったので誰の目にも明らかなウソをつけばおそらくなんらかの反応があると思った
・誰の目にも明らかなウソとしてはなんとなく情報商材とかに(これ以上いけない)

2020/03/20
・その反応までに意外にも約1ヶ月かかった
・なんなら警察呼んでほしかった
・↑古物営業法違反の疑いは既にあったため

この件に関する最大の反省点は自分に届いていた適当な詐欺SMSの電話番号をどうせ詐欺だから勝手に利用しても心が痛まないと思って電話番号の欄に書いたところ、どうやらその人物も電話番号を乗っ取られてSMSを勝手にその番号で送られていた被害者である可能性があり、ただの善良な一般人どころか詐欺の被害者かもしれない方の電話番号が被告両名の手に渡ったかもしれないところです。

結論

筆者は何かをやれば必ずほめる人とけなす人がいてそれは人によって大切なものが違うから(シャーマンキングの受け売り)、だから自分が50%以上くらい正しいと思えればそのことを何らかの形で表現しようと思っているので、自分が100%正しいと思って他人に考えを押し付けようとする態度に対しては被告両名に限らず真っ向からやり合う気はないです。

最近は特に感染症の不安等の人々の不安につけこんで俗に言う陰謀論を信じ込ませ、他のユーザーにインターネット上で過激な発言をさせ承認欲求を満たすような怪しい商法(?)があるらしいのですが、被告両名はその手のものにハマりそうな傾向が見受けられるので本人たちも気づかないうちに被害者になっていないかについては割と真面目に疑っています。司法への冒涜とかからすると本当に陰謀論にハマっている可能性があります。

Posted in 編み物ユーチューバー著作権裁判