メニュー 閉じる

タグ: 著作権

編み物ユーチューバー著作権裁判 第4回弁論期日(リモート)と新しい展開

現在、管轄の裁判所が所在し被告および被告代理人の拠点である京都府・原告代理人の拠点である愛知県の両方に緊急事態宣言が出ています。そのため、裁判所の判断により、裁判所と弁護士事務所をweb会議で接続したリモートでの弁論となりました。

コピーライト・トロールとは

パテント・トロール(特許をわざと先取りして使用料を得ようとする者)や商標ゴロ(商標をわざと先取りして使用料を得ようとする者)など、知的財産権の濫用というのは珍しいものではありません。ここでは著作権を主張して使用料を得ようとするコピーライト・トロールについて扱います。