メニュー 閉じる

アドベントカレンダー2022 2日目「YouTubeハンドルって何?」


2日目(実質1日目)にしていきなりテーマを破ったぞこいつ。

最近、YouTubeチャンネルにTwitterやInstagram等の各種SNSの@以降のユーザーネームのような「YouTubeハンドル」を設定できるようになりました。
各種SNSのユーザーネームと同じく次のような特徴があります。制限文字数が半角英数記号30文字と長いので、あえて他のSNSでは設定できないような長い設定もできます。
・今までのカスタムURLに用いることができなかったアンダースコア(_)、ハイフン(-)、ピリオド(.)も使用可能
・youtube.com/@(ハンドル)でもアクセス可能
・コメントやメンションなどでも表示される予定
日本語ユーザーの場合、既にチャンネル名やカスタムURLに英数字を用いていた場合はそこから割り当てられる(ハンドルのサービスが始まったときに割り当ての通知が来たユーザーも多いかもしれない)、日本語の場合はuser-(ランダムな英数字)を自動で割り当てられることが多いようです。こういったものは早い者勝ちなので、各種SNSで用いているものと同じものを設定したい場合には早めに設定しましょう。
関連リンク:ハンドルの概要

筆者も早速設定してみました。本日のサムネイルの通りです。
とりあえずTwitterに揃えてみました。他のSNSと表示を揃えられるのはいいですね。
まだ設定していない人は、チャンネルをカスタマイズ>基本情報から設定できます。
配信用チャンネル(エリマコト):https://www.youtube.com/@Elizabeth_H_01
コメント用チャンネル(Ely):https://www.youtube.com/@Elizabeth_D_01

ちなみに1つのGoogleアカウントで最大100個(!)のYouTubeチャンネルを作ることができます。動画ジャンルごとにチャンネルを使い分けたり、動画配信をしているチャンネルがバレないように別の名前で他のチャンネルにコメントを残したいときなどに便利です。100個は多すぎだろ 最近はYouTube動画を手がけるディレクターや構成作家という職業の方も珍しくないので、そういった方が複数のチャンネルを直接管理するには役立つのかもしれません。
関連リンク:Google アカウント内でチャンネル間を切り替える

また、YouTube Premiumに加入しているGoogleアカウントならいくつチャンネルを使い分けてもプレミアムの機能が有効なので、チャンネル登録をするのにためらいのあるチャンネルを登録したり再生履歴に残るのにためらいのある動画を見たりするのに役立ちます。そんなものがあるかって?筆者にはお笑い芸人の方のチャンネルのゲス企画の視聴とコメント用のアカウントがあります。
筆者の上の2つのアカウントはGoogleアカウントそのものが違うのですが、今思うとどちらもそこまでYouTubeを理解していなかった頃で効率の悪いことをしたような気分になります。

Posted in YouTubeについて