メニュー 閉じる

人気芸人パクリ疑惑に対する反応から見るYouTube文化の危機


チョコレートプラネットのYouTubeチャンネル人気企画「悪い顔選手権」と、娯楽webメディア・オモコロの「容疑者フェイス選手権」に関する話題です。「YouTube文化の危機」とはなかなか深刻な見出しですが、少なくとも筆者はそう思いました。

筆者は引っ越し間近すぎて普段使うものをほとんど荷造りしてしまい、今はむしろ暇です。YouTubeの動画同士、あるいはYouTubeと他の媒体のコンテンツで類似した企画が出ることに関して、視聴者・閲覧者がどんな立場でいるのが好ましいかを考えさせられることが起こりました。むしろ、このような影響力のあるお笑い芸人の方のチャンネルで、そういったことをきちんと扱ってくださったことをありがたく思います。筆者はチョコレートプラネットのYouTubeチャンネルもオモコロも元々好きです。

タイトルや松尾さんが扮する人物については某ワイドショー番組のパロディなので、そこだけで「ふざけている」「不愉快」などという感想を持つ人もいるようでした。しかし、よく見てみると長田さんがYouTubeでの類似した企画については非常に真剣に述べておられます。あからさまな謝罪動画という形を避け、運営会社がふざけた…いや奇抜な広告代理店であるオモコロ側にも余計に気を遣わせたり奇抜な業務の妨害をしたり(?)しないよう配慮した結果、「パクリ疑惑を追及するワイドショーのパロディ」という体裁の、ある意味では謝罪よりも勇気のいる演出に踏み切ったのだと思います。また、動画概要にも「容疑者フェイス選手権」のリンクがあります。松尾さんはMCに扮しているだけなので、主に長田さんの主張をまとめてみます。

長田さんの主張

・オモコロの記事については動画投稿前には見たことがなく、偶然似てしまった。
・YouTubeで企画が被っていないかは検索しているが、YouTube以外では確認していない。
・オモコロを挙げているコメントが多数あったことから調べて、オモコロの「容疑者フェイス選手権」を見つけた。
・「悪い顔選手権」は普段悪いイメージがない人が悪い顔に見えるように写すというコンセプトであり、「容疑者フェイス選手権」は容疑者っぽいと言われがちなオモコロのライターで誰が一番容疑者っぽいか決めるというコンセプトなので、似て非なるものである。
・チョコレートプラネット「最強のケータリングを作ってみよう」とオモコロ「菓子盆選手権」も類似していると言われているが、お菓子の組み合わせはYouTubeの内外を問わず簡単に思いつく可能性のある、ありふれた企画である。
・パクりパクられなど言い出すとキリがない。

松尾さんの主張(?)

・オモコロ側は寛容だと思われるが、パクリと勘違いしてゴチャゴチャ言ってくるような、人としてたいしたことないゴミみたいな奴らがいる。これは坂上忍さんに扮しているので、松尾さんの本音というよりそれっぽい毒舌だと思われる。

YouTubeのコメント欄・Twitterの反応

「評価順」では動画の面白いところにツッコミをしているようなものが多く特に荒れているわけではないが、「新しい順」ではチョコレートプラネットに批判的なものも見られる。一方Twitterでは、チョコレートプラネットとオモコロのコラボを期待する声もあるが、「オモコロをバカにしている」「webメディアを下に見ている」「オモコロの企画について誰でも思いつくなどと言っている」「オモコロのファンをゴミみたいな奴らと言っている」というような、正直言って被害妄想に近い発言も見られる。

筆者の見解

いくらインターネット上である程度有名な企画とはいえ、3年前のものまで遡って、YouTubeだけではなくインターネット上にある膨大なコンテンツで企画の被りがないかを精査するのは困難だと思います。動画投稿前に見つけられなかったからといって「下調べが不足している」「見下している」などというのは考えすぎです。「お菓子の組み合わせは簡単に思いつく企画」という内容の発言に対する批判も見られますが、正直その通りだと思っているのと、そのようなありふれた企画や類似した企画はYouTubeの内外を問わず無数にあるものだと思います。やはりそんなものの揚げ足をとってパクリだのなんだの勝手に騒ぐのはゴミみたいな行為だと思うので、視聴・閲覧・コメントする側にも配慮や寛容さが必要です。YouTubeの文化は持ちつ持たれつの関係で、パクリだのパクられだの言い出したらキリがありません。少なくとも筆者は影響力のある方がそういったYouTubeやインターネットの文化のあり方を明言したのをいいことだと捉えていますが、この件に対して被害妄想めいた反応が少なくないのを見ると、今後もそういったごく一部のゴミみたいなコメントが押し寄せることで面白い企画が炎上したりつぶされたりして、YouTubeの文化が衰退するリスクがあるのではないかと心配になってきます。

Posted in YouTubeについて