メニュー 閉じる

YouTubeのコミュニティ投稿解禁!変更された条件とは


行政書士試験まであと9日。やはり過去6年分くらいの問題のやり込みに徹している。

ここ最近YouTubeを動画閲覧以外であまり使っていなかったので気づかなかったのですが、筆者の個人チャンネルのコミュニティ投稿機能が約2週間前に解禁されていたようです。
気づいたので早速投稿してみました。
関連リンク:Ely – YouTube

今までの筆者含め気づいている人が少ないのは、おそらく多くの日本人ユーザーが以前からコミュニティ投稿が解禁されている登録者数1000人以上のチャンネルか、あるいは趣味で動画投稿している登録者数が100人に満たないくらいのチャンネルを登録・閲覧・運営していて、筆者のような「500人以上1000人未満」という、今回解禁される条件にあてはまるチャンネルを運営している人は意外と珍しいからではないかと思います。

YouTubeのヘルプでも、解説の動画の字幕は「登録者が1000人以上」、ヘルプは「登録者が500人以上」とあるので、やはりごく最近解禁されたもののようです。
関連リンク:コミュニティ投稿の詳細

チャンネル運営と動画投稿を始める人は、まずチャンネル名をカスタムできる100人、次にコミュニティ投稿や収益化などができる1000人、ストーリーが投稿できる10000人、銀の盾がもらえる100000人…と欲を出せば目標は色々ありましたが、コミュニティ投稿は500人と少しハードルが下がりました。これが使えるだけでも動画に関する文章や画像の投稿、多忙により動画が投稿できないときのお知らせ、他の方とのコミュニケーションに役立ちます。
ありがとうYouTube!

Posted in YouTubeについて