メニュー 閉じる

YouTubeのContent IDの申し立て対策


【お知らせ】運営者Elyが知的財産管理技能検定2級に合格しました。特に当サイトの方針自体が変わるわけではないですが、有資格者としてより責任を持って情報を発信したいと思います。現時点では1級(特許・コンテンツ・ブランドの3種類のうち仮に自分が目指すならコンテンツ…?)の受検予定はありません。

最近、YouTubeのContent IDの申し立てを受ける事例が増えているようです。これは編み物ユーチューバー著作権裁判で問題となった手動での著作権侵害申し立てとは異なるシステムに基づくものです。例えば音楽・映画・テレビ番組の違法アップロードといった明らかに著作権をいちじるしく侵害する動画について、権利者が手動で申し立てをしているときりがありません。そのため、これらを自動で検出して自動で申し立てを生成するのがContent IDというシステムです。多くの場合は動画がただちに削除されるわけではなく、権利者と収益を分配することになるのも手動での著作権侵害申し立てとの違いです。

詳しくは筆者が過去に投稿した以下の記事、またYouTube公式ヘルプとそこに載せられた動画(英語ですが日本語語字幕があります)をご覧ください。
関連記事:著作権侵害申し立てとContent IDについて
関連リンク:
Content ID の仕組み
Content ID の申し立てとは

最近、YouTubeでは動画をアップロードするときに、著作権に関する問題をチェックする機能があります。おそらくこれはContent IDに基づく申し立てを未然に防ぐための機能です。しかし、この機能がついたのは少なくとも今年になってからなので、それ以前の動画が申し立てを受ける可能性があります。

Content IDの申し立てにありがちなこと

Content IDの申し立ては、動画投稿者が自由に使えるYouTubeオーディオライブラリにある著作権フリーのBGM・著作権は放棄していないものの帰属表示すれば使えるBGM・その他のサイトで配布されている作曲者が使用を許可しているBGM(YouTubeでよく聴くものだと「かえるのピアノ」など)について、しばしば誤って発生する事があるようです。
下の画像で「ライセンス」がモノクロのYouTubeマークのものは帰属表示なしで自由に使えます。画像で例示している「Get Outside!」はYouTubeの視聴者なら必ず何度となく耳にしている曲です。

一方、ライセンスに「CC」とある曲は、著作権の帰属表示を条件にYouTube内で自由に使用できます。筆者が過去に使っていた「Walk In The Park」も帰属表示が必要なBGMです。こういった曲をBGMに使用している方が特に最近ではContent IDの申し立てを受けやすいようです。

Content IDの申し立て対策

手動の著作権侵害申し立てに対する異議申し立ては面倒な上に申立人への個人情報の開示が必要で、著作権侵害をしていない自信があってもためらってしまうようなものですが、Content IDの申し立てに対する異議申し立ては比較的簡単です。自動の申し立てで誤判定も少なくないので、異議申し立ても非常に簡略化され、YouTube Studio(クリエイター向けツール)の「制限」から簡単な操作で異議申し立てができます。詳しくは以下のYouTubeヘルプと動画(英語ですが日本語字幕があります)をご覧ください。
ただし、動画でも説明のある通り本当に著作権侵害をしてしまっていた場合(権利所有者のいる音楽をうっかり動画内に収録した場合など)にはそこから手動での著作権侵害申し立て通知による動画削除などが起こるかもしれないので、そういった場合は該当部分の音声をミュートするなどの対応になります。

関連リンク:Content ID に関する申し立てに対して異議申し立てを行う

Posted in YouTubeについて