メニュー 閉じる

【注意喚起】YouTubeのスパムチャットによるチャンネル停止(誤BAN)対策


本日のサムネイルはスパム(迷惑メールやコメントとしての「スパム」の語源)です。

今回の件はその性質上、顔出しや手元など実写でのモバイルライブ配信をしているチャンネルは停止される(誤BANされる)可能性が低いのですが、チャンネル停止のリスクがなくても現れたらかなり不快なタイプのスパムなので注意喚起としてご一読いただきたいです。

チャンネル停止(誤BAN)に至る流れ

この件はVTuberやゲーム実況等(あるいはその両方にあてはまる)のジャンルでよく見られる、パソコンで代表的なものだとOBS Studio等のソフトを用いて「ライブ配信画面にチャットを表示させている」チャンネルがターゲットになっているようです。
筆者には配信も視聴も経験が乏しいのと、このサイトをよく閲覧している層はおそらく実写のモバイルライブを配信や視聴している方が多いと思うのでどんな感じかあまりピンとこないかもしれないですが、よそのチャンネルをスクショして例に出すのもよくないので、試しに限定公開でやってみました。このようにチャットをユーザー名やアイコン付きで配信画面に表示させることができます。


アイコンやチャットが「配信画面内に」表示されることを悪用して、
・性的な画像のアイコンでチャットを投稿
・性的な言葉や下品な言葉のユーザー名でチャットを投稿
・性的な言葉や下品な言葉をスパムチャットで大量に連続投稿
こういったものが画面内に表示されてアーカイブに残ることから、チャンネル主が不適切なコンテンツを投稿しているとみなされてチャンネル停止(誤BAN)されるという流れであるようです。

チャンネル停止は主に配信画面にチャットを表示するチャンネルがターゲットになっていますが、配信画面にチャットを表示するチャンネルでなくても、そのことによるチャンネル停止のリスクが低くても、そのようなスパムチャットは非常に迷惑で不愉快なものではあるので、対策を挙げていきます。

YouTube配信者全般向けの対策

・チャットを無効にする
これはできればやりたくないですね。却下。

・「不適切な可能性があるメッセージを保留して確認する」という設定にする

YouTube Studio>設定>コミュニティ>デフォルト から設定できます。動画に対するコメントも同様に設定できます。
これでYouTubeのAI次第とはいえたいていの不適切な可能性があるコメントやチャットは承認制になります。今までの他のユーザーの方の経験からすると、同じようなコメントやチャットの連続投稿には比較的厳しいようです。

・モデレーターを追加する、ブロックする単語(NGワード)を追加する

YouTube Studio>設定>コミュニティ>自動フィルタから、配信で忙しいチャンネル主に代わってコメントの削除や承認の権限を持つモデレーターを追加できます。
コメントの削除や承認というかなり責任の重い権限を他人に与えることになるので、ほぼ毎回ライブ配信を視聴していて特に信用できる方、信用できるというより「これはアウト」という価値観が近い方(?)を指名するのがおすすめです。
また、同じ画面で「非表示のユーザー」も追加できるので、特定のユーザーからのスパムや荒らしがひどい場合はここに追加しましょう。

上と同じ、YouTube Studio>コミュニティ>自動フィルタからブロックする単語(NGワード)を追加できます。
Twitter等でブロックする単語として推奨されているものはこちらです。そのままコピーして使えます。その他にもこれが表示されたらイヤだというものがあれば入力しましょう。
えっ?何も見えないって?それはセンシティブだから人間の目には見えなくしているだけでコピペはできますよ。
ブロックする単語(推奨):ADULT,BESTCUMS,PENETRATION,PUSSY,SEX,VIDEO CHAT,WEBCAMS(例)
また、「リンクをブロックする」ではハッシュタグやリンクを含むコメントが承認制になるのでこの設定もおすすめです。

視聴者にできる対策

・スパムチャットは報告してブロックする
誰の目にも明らかなスパムチャットの報告はいくらやってもやった側におそらくリスクはありません。断言できるほどではないですが、少なくともやりすぎで機能の制限などを受けたという事例は見たことがありません。
おそらく明らかなスパムや有害なアイコンやユーザー名の場合は報告の数がものを言うと思うので、無駄に反応せず黙って報告とブロックをしましょう。

配信画面にチャットを表示しているチャンネル向けの対策

・ライブ配信へのチャットをチャンネル登録者限定にする
チャンネル登録は1クリックでできるので登録してまでスパムチャットを投稿している事例があるらしく、それだけでは対策になっていないようです。
必要なチャンネル登録期間を設定できるので場合によって1ヶ月や1年などかなり長く設定すればそれなりに有効かもしれません。

・ライブ配信のチャットをメンバーシップ限定にする
ライブ配信を一般に公開しつつ、有料のメンバーシップ会員のみがチャットを投稿することができるので、対策としては有効だと思われます。
収益化してメンバーシップを有効にしていないとできないのは当然ながら、新規の視聴者の方が参加できないというのも手痛いかもしれませんが、チャンネル停止のリスクと比べたらそれも仕方ないかもしれません。

・アイコン(とユーザー名)を非表示にする
これは配信者側の設定で可能です。
配信者がチャットの表示をカスタマイズするのによく用いている以下のツールでは、この問題に迅速に対応を取っています。現在はアイコン非表示がデフォルトの設定になっていて、アイコンを表示する設定にしておくと警告が表示されます。また、一時的にアイコン・アイコンとユーザー名を非表示にするコードも公開されています。
関連リンク:Chat v2.0 Style Generator 日本語版

Posted in YouTubeについて

関連投稿