メニュー 閉じる

YouTube 低評価数の非表示をついに導入?


数日前にインターネット上でも話題になっていましたが、ちょっと試験を控えていてそれどころではなかったので遅ればせながら扱います。

4日前、Yahooニュースでは次のような記事が上がっていました。
関連リンク:ユーチューブ、「低評価」数を非公開に 嫌がらせ防止で

今までもYouTubeでは動画投稿者の設定によって高評価・低評価を非表示にすることはできましたが、今後は低評価数が動画を投稿した本人しか閲覧できなくなるようです。(※2021/12/01追記:この記事を公開した時点では未実装でしたが、そこから数日ほどで低評価のみが非表示になる機能は実装されています)
以前から低評価数の非表示の可能性はYouTube運営でも論じられていたことは公表されていました。
筆者としては、低評価数の非表示そのものについて良し悪しを論じるつもりはありません。ただ、2000年代後半のYouTubeがごく限られた機材やスキルを持ったクリエイターが動画を投稿する場であった当初と比べると、スマートフォンの普及で多くの人が気軽に高画質の動画を撮影・編集・投稿できるようになり、YouTubeが動画投稿だけではないコメントやコミュニティ投稿やライブ配信のチャットを通したSNSのように用いられる場になり、低評価ボタンの存在がSNSのような場ではあまりふさわしくないということがこの変化に現れているように思います。

この件について、それこそ「ごく限られた機材やスキルを持ったクリエイター」である頃から動画を投稿していたHIKAKINさんが複雑な思いを語りつつ、「むやみな炎上が減るのではないか」とも述べられています。
関連リンク:【緊急動画】YouTubeの低評価数 非表示って大事件だろ!【みんなの意見コメント待ってます!】

ちなみにiPhoneの動画概要欄の表示では、1ヶ月以上は前から「高評価数」「視聴回数」「投稿年月日」のみが目立つように表示されています。
先ほどのHIKAKINさんの動画の概要欄を例にすると以下のような表示です。

表示されることを良しとしない方は既に非表示にしていると思うので、低評価が表示されなくなること自体が今後のYouTubeに大きな影響を及ぼすとは思えませんが、当初と比較してYouTubeという場に求められていることが大きく変化していることを運営側が公式に認めたという意義のあることだとは思います。

Posted in YouTubeについて